MARATHON

マラソン

沖縄の文化と伝統を感じながらマラソンを楽しもう!『第28回 2020 おきなわマラソン』

Column

沖縄の文化を肌で感じられるマラソン

沖縄の伝統と文化を感じながらマラソンを楽しめる「おきなわマラソン」。制限時間が6時間と長めの設定になっているので、フルマラソン初挑戦の方やゆっくり景色を楽しみながら走りたい方にもオススメ!

大会コースを紹介!

世界遺産や沖縄ならではの文化が散りばめられた
ユニークなコースを優雅にランニング

おきなわマラソンの最大の魅力は世界遺産の「勝連城跡」の横を通り、普段走ることができない「嘉手納基地」をランニングできるところ!42.195キロの間に沖縄でしか感じられない文化が散りばめられています。

勝連城跡

15世紀、海外貿易により勝連(うるま市)に繁栄をもたらした阿麻和利(勝連城10代目城主) が居城したとしても有名なお城。城壁は優雅な曲線を描き、女性的な美しさを感じることができます。頂上からは、青く輝く太平洋が一望でき、沖縄有数の景勝地としても有名です。

嘉手納基地

沖縄県嘉手納町、沖縄市、北谷町にまたがり、4,000m級の滑走路2本を持つ東アジア最大級の米空軍基地。普段は入ることができませんが、おきなわマラソンでは米軍嘉手納基地内の住宅街(約3km)を走ることができます。アメリカ流のおもてなしにも注目です。

観光に訪れるならここがオススメ!

アメリカの文化と沖縄の文化が融合した人気スポット①
「美浜アメリカンビレッジ」

沖縄県中頭郡北谷町美浜にある大きなシーサイドリゾートタウン「美浜アメリカンビレッジ」。アメリカを旅行しているような不思議な気持ちになる13の商業施設が並びます。沖縄の雑貨を取り扱うお土産屋で買い物を楽しんだり、こだわりのコーヒーを提供しているカフェでまったりくつろいだりと思いのままに過ごして。

アメリカの文化と沖縄の文化が融合した人気スポット②
「Transit Café(トランジット・カフェ)」

異国の雰囲気を感じながら、沖縄の海を楽しめる人気カフェ「Transit Café(トランジット・カフェ)」。イチオシメニューは、パンとチーズの相性がバッチリの「アツアツ、トロトロのカマンディップ "フォンデュ"風 \900」と、こだわりのデミグラスソースが絶品の「おとなのオムライス 自家製ドミグラスソース \1,380」。ディナータイムでは、夕日が海に沈む幻想的な風景を楽しむことができます。

大会情報

第28回 2020 おきなわマラソン

【日程】
2020年2月16日(日) 雨天決行

【開催地】
沖縄県沖縄市

【大会詳細】
・フルマラソンの部(制限時間:6時間15分)
・10kmの部(制限時間:1時間20分)

【参加費】
7,000円(フルマラソン・一般部門 ~64歳まで)
6,000円(フルマラソン・一般部門 16~18歳の高校生/65歳以上)
7,000円(フルマラソン・競技部門 陸連登録者)
4,700円(一般10kmの部)
3,200円(高校生10kmの部)
※ 参加料には傷害保険料等も含まれています。

【TEL】
098-938-0088(おきなわマラソン実行委員会)

【HP】
https://okinawa-marathon.com/

取材協力

● 美浜アメリカンビレッジ

TEL:098-926-4455(北谷町観光情報センター)
営業時間:店舗により異なる
定休日:店舗により異なる

● Transit Café(トランジット・カフェ)

TEL:098-936-5076
営業時間:ランチ 11:00~L.O.15:45、ディナー 17:00~L.O.23:00
定休日:不定休