MARATHON

マラソン

透き通るような海の風景と爽やかな風の中を走り抜く! 『第10回エコアイランド宮古島マラソン』

Column

離島ならではの魅力がいっぱい
エコアイランド宮古島マラソン

離島ならではの涼しい潮風を感じながら、走る喜びと感動のゴールを宮古島で体験してみませんか?2019年11月3日(日)に開催される『第10回 エコアイランド宮古島マラソン』は、「太陽と海風にいだかれて駆け抜けろ感動のゴールへ」を大会テーマに、エコとスポーツを融合したマラソン大会です。オーシャンブルーの海を眺めながら走ることが出来るのが魅力で、種目はフルマラソン・ハーフマラソン・10kmの部・5kmの部があり、自分のペースに合わせて選ぶことができるので、初マラソンでも安心して挑戦することができます。

美しい景色の広がるコース

コースを進んでいくと、目の前に広がるのは美しい風景たち!ヤシの木が並ぶ道やビーチの沿道、サトウキビ畑など自然を感じながら走るコースは爽快感たっぷりです。フルマラソンでは、宮古島1番の美しさを誇る海を眺めることができる来間大橋を走れるのも楽しみのひとつ。

イチオシスポット①来間大橋

フルマラソンコースの一番の目玉と言っても過言ではない来間大橋!宮古島に来たのなら1度は訪れたいスポットです。来間大橋は宮古島と来間島を結ぶ全長1,690mの橋。宮古島と来間島との海峡は流れが速く、常に海の水が循環しているので透明度がとても高く、橋の下には透き通るブルーの海が広がります。ここはのんびり絶景の海を楽しみながら走るのもオススメ。

イチオシスポット② パイナガマビーチ

パイナガマビーチ沿いを走るのもコースの特徴のひとつ。パイナガマとは宮古島の方言で南を意味する「パイ」と長い浜がなまった「ナガマ」という意味。美しい砂浜と宮古ブルーのビーチ、生き生きとした緑の自然がランナーたちを勇気づけてくれます。ビーチでのんびり過ごしたい人にも人気の穴場スポット!朝は太陽の光でキラキラ輝き、サンセットは海面に沈む太陽を間近に眺められたりと時間によって表情を変える感動のビーチロケーションを堪能してみては。

大会と一緒に楽しみたい宮古島の魅力
海と空の美しい景色

コースの他にも宮古島は美しい風景がたくさん。海が綺麗なのはもちろん、サンセットも素敵。砂山ビーチでは海水浴だけでなく、波の浸食によってできたアーチ型の岩山が織り成す光と影のコントラストなど自然のアートが魅力です。

宮古島ならではのグルメも満喫しよう

マラソンで疲れた身体を癒やすのは美味しいグルメ!宮古島には宮古そばや海産物、マンゴーなど地元の特産物がたくさんあります。離島ならではのスイーツやドリンクにも注目。来間大橋を渡ったところにあるカフェ『パニパニ』では、心地よい南風を感じながら宮古島のブルーの海をイメージした「クリーマ・ソーダ ¥480」を楽しめます。他にもスムージーショップなどフォトジェニックなお店がいっぱいあります。

大会情報

第10回 エコランド宮古島マラソン

【日程】
2019年11月3日(日) 雨天決行
※11月2日(土)13:00~19:30選手受付(JTAドーム宮古島)

【開催地】
沖縄県宮古島市

【大会詳細】
・フルマラソンの部(42.195 km)
・ハーフマラソンの部(21.0975km)
・10kmの部
・5kmの部

【参加費】
5,000円(フルマラソンの部)
4,000円(ハーフマラソンの部)高校生3,000円
4,000円(10kmの部)高校生2,000円
3,000円(5kmの部)小中学・高校生1,000円
※5kmの部には記念Tシャツはありません。
(ふれあいパーティー費、スポーツ傷害保険料、カーボンオフセット費込み)
※小中高校生は、ふれあいパーティーに参加できません。

【TEL】
0980-73-1881(平日9:00〜17:00)

【HP】
https://www.miyakojima-marathon.jp/summary/

取材協力

パニパニ

TEL:0980-76-2165
営業時間:10:00~17:00(LO16:00)
週末は9:00~19:00(L.O. 18:30)
定休日:不定休